Zoomでダンスレッスンをする際に気をつけること②音声の設定

投稿日: カテゴリー: dance lessonZoomオンラインレッスン

前回、Zoomを使ってダンスレッスンをする際に気をつけるべき点を記事にまとめましたが、

今回は、その中でも一番大事な音声の設定について細かく説明していきます。

 

 

Zoomのオーディオ設定を変えずにレッスンを行うと音楽をかけながら先生がカウントをとったり、

キューイング(指示だし)をしたりすると、音楽が小さくなったりプツプツ切れてしまったり、

逆に先生の声が小さくなったり、音声が不安定でどちらか一方しか大きく聞こえません。

 

特に先生がパソコンから離れると声がすごく聞こえづらいなんてこともあります。

 

※Zoomはもともと会議用のツールなので雑音が入らないように人の声以外を聞こえなくしている機能があるそうです。

 

そこでZoomの音声設定を変えることで、この現象を改善できます。

 

 

◆A. 音声設定の変更

①Zoomでミーティングを開始し、ミュートの横の^マークをクリックします

 

②オーディオ設定を選択

 

③マイク音量を自動調整しますのチェックを外し、入力音量は最大にする

 

④詳細ボタンを押下

 

⑤オリジナルサウンドを有効にするを表示し、雑音の抑制を無効化

インミーティングオプションをマイクから”オリジナルサウンドを有効にする”に表示にチェックをいれる

また、連続的な背景雑音の抑制、断続的な背景雑音の抑制の二つを無効化する

 

⑥レッスンの度に「オリジナル・サウンドを有効にする」

⑤までの設定は一度設定するとその設定が保たれます。

上記設定をすると今後Zoomに入った時に左上に”オリジナル・サウンドをオンにする”

というボタンが表示されるようになるので、ミーティングに入ったらこちらの設定をオンにするのを忘れないようにしてください。

 

ミーティングを退出するとこの設定は元に戻ってしまうので、毎回、レッスン前にオンにしています。

”オリジナル・サウンドをオフにする”と表示されている場合はオンになっています。

 

 

上記設定をすることで、音楽がプツプツ途切れたり、先生の声が聞こえづらいと言ったトラブルを改善できます。

 

↓改善後の動画

 

◆B. ワイヤレスヘッドホンを推奨します

レッスン中に生徒さんに説明しながら背中を画面に向けてしまうと声が聞こえづらくなる傾向があります。

背中を向けている際はより大きな声で話す意識をするか、ワイヤレスマイクを使うことを推奨します。

 

ワイヤレスマイクを使うとパソコンから離れていても声の大きさが変わりません。

(但し少し声がこもります)

 

 

※デメリットはイヤホンが耳から外れやすいものだと踊っている時に邪魔になります。

※また大きめのピアスをしていた時に、ピアスがヘッドホンに当たって雑音になったことがありますのでご注意を!

 

 

◆コンピューターサウンドの共有はお勧めしません

他の先生のレッスンを受けている時に、画面の共有でパソコンから流す音楽を共有している方もいるのですが、

個人的にはこのやり方はお勧めしません(DJさんのように音楽だけをシェアしたい方にはお勧めです)

この方法にも2つやり方があります。

 

①画面を共有ボタンから画面を共有した状態で音楽を流すやり方←お勧めしません

この方法ですと、先生のパソコンの画面が生徒さんに共有されてしまい、先生がせっかくお手本を見せていても

生徒さんは小さくしか見れず、受けている方のストレスになります。

 

②画面共有ボタンから詳細を選択し「コンピューターサウンドのみ」共有する←①よりはいいですが、お勧めしません

このやり方ですと、パソコンで流した音楽が生徒さんに直接送られるので、音声自体はクリアに聞こえます。

①のように画面が共有されることもないので、いいのですが、ダンスのレッスンには向きません。

 

なぜかと言いますと、このやり方で音声を共有すると音声の方が少し早く生徒さんに届いてしまうため、

先生の動きと音楽が少しずれてしまいます。

 

またこの方法ですと、音楽と同時にキューイングをする際に先生の声がやはり聞き取りづらいです。

 

 

結論:Aの設定をし、音楽は別のデバイスからスピーカーを使って流し、
大きな声ではっきりとレッスンを行うか、Bのワイヤレスマイクを使ってレッスンをするのがお勧めです。
またZoomに繋ぐのはタブレットよりもパソコンの方がお勧めです。

 

 

私はオンラインレッスンをし始めた時に下記の全パターンを試し、レコーディングし、

最適なやり方を模索しました。

Zoomに使うパソコンと音楽を流すスピーカーの位置によっても音楽のきこえ方や先生の声とのバランスに影響しますので、スピーカーを置く位置やスピーカーの音量も色々試して、

最適なバランスをみつけてみることをお勧めします。

 

 

【個人的に検証した内容】

①ipadからZoomにつないで音楽はパソコンからスピーカーを使って流す

A. Zoomの設定普通+キューイングの声は地声 →音にムラがある
B. Zoomの設定普通+キューイングの声はイヤフォンマイク→音にムラがある
C. Zoomのオーディオ設定を変更+ イヤフォンマイク→パソコンより雑音が目立つけれどやはり音のムラはなくなりました。

③パソコンからZoomにつないで音楽はそのパソコンから

A. Zoomの設定普通→音楽がやや大きい&地声が聞こえづらい
B. Zoomのオーディオ設定を変更→音楽も声も比較的よく聞こえる
C. B + イヤフォンマイク→予想はしていましたが声はクリアだけど音楽が流れませんでした^^;

④パソコンからZoomにつなぎ音楽はipadからスピーカーで流す

A. Zoomのオーディオ設定を変更+イヤフォンマイク

→個人的には一番これが音楽も声もクリアで最適と感じています。

B. Zoomのオーディオ設定を変更+地声
→後ろを向いた時に大きな声で話すのを心がければ、問題ないです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です