Lucia Nogueira Kizomba for ladies

投稿日: カテゴリー: EventsKizombaー レポート横浜

昨日は足元の悪い中、ルシアのワークショップにご参加くださり

ありがとうございました。

 

昼間あまりの大雨に身動きが取れず、来てくださる皆様の

安全を優先してワークショップを中止する事も考えたのですが

名古屋からすでにルシアのワークショップを受けるためだけに

横浜に向かってくださっていた方がいたので

これはたとえ一人しか来なくても絶対やろう!

とルシアと話して決行しました。

 

さすがにこの天気だし、皆さんこれないかな?

と思いきや、あれよ、これよとたくさんの方が集まってくださりました。

レディースクラスということもあり、火曜日NFには珍しく女性がたくさん。

それでも男性も3名一緒にワークショップから受けてくださり、

皆さんの熱心さに嬉しくなりました。

レッスン後に男性陣と踊ったところ男性の動きもレッスン前とは比べものに

ならないほど良くなっていました(来週まで忘れないでね。)

 

女性は普段はお見かけしない東京の方もたくさん参加してくださりました。

今回ルシアから「日本の女性には足りないものがあると感じている!」と言われて

緊急開催したレディースワークショップでしたが、

やっぱり皆さんも知りたいポイントだったのですね。

「How to follow and work your way towards being an independent dancer

How to use body movement to improve musicality, balance and style.」

がテーマのレッスンだったのですが、Body movementを中心に時間を

オーバーしてまでたっぷり教えてくれました。

 

キゾンバのムーブメントって教える先生によって全然違う。

これはスタイルの違いもあるけれど同じ本来のKizombaを踊る先生方同士でも

全然違かったりします。

私が習ったNelsonもルシアもKwendaも全員違かった。

ただ、それだと習う方も混乱してしまうと思う。。。

 

私が一番最初に教わった海外のKizombaダンサーに言われた言葉

「Kizombaの腰の動きにこれが正解!はないの。

みんな骨格の作りが違うから

間違っているのは、自分の体に合っていない動きを無理にすること

大げさに動かしすぎてチープに見えること

自分の体に無理をかけないように

きちんと体重移動して動くお尻の動きでいいのよ」

 

これが私の中で、今でも一番しっくりしている言葉。

だから私も自分のやり方を強要しすぎない。

明らかにサルサやバチャータの動きになっている人、リードやフォローを邪魔する動き

体重の移動の仕方が間違っている方は注意するけれど、

そこから先は体型と好みの問題。

 

私がレッスンで教えている動きはルシアとはちょっと違う動き。

一番自分の腰に負担をかけない動かし方。

 

でも、私は個人的にルシアの動きが好き。

すごく自然!ナチュラルなのにきちんとお尻が動いていて

それでいてやらしくなくて上品。

あんな風に踊れたらいいな〜〜〜

 

レッスン後もたくさんいろいろなMovementを教えてくれたルシア。

彼女の底抜けの笑顔と優しい人柄、集まってくださって皆さんの

素敵なバイブスでとても素敵な夜になりました。

 

皆さま、ありがとうございました。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です